資料請求・お問い合わせ

コンテンツマーケティング

多くの消費者に効果的に伝える方法が
コンテンツマーケティング

構築したブランドを多くの消費者に効果的に伝える方法がコンテンツマーケティング

構築したブランドを効果的に運用するには、マーケティングが重要です。私たちがおすすめするマーケティング手法は「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングは、潜在的な消費者に価値のあるコンテンツを発信することで、ブランドを認知させ、サービスや製品を購買してもらうことができます。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは?

デジタル環境の進化によって、マーケティング戦略が大きく変化しています。消費者は、SNSやブログなどのコミュニケーションツールの発達により、消費者自身が気軽に情報発信をしています。

個人が配信した情報が瞬く間に世界中に広がることも珍しくありません。
この様な変化に対応するため、企業のマーケティング戦略も、カスタマーセントリック(顧客中心主義)へと変化しました。

そこで注目を集めている手法が
コンテンツマーケティングです。

談笑する写真

「コンテンツマーケティング」を提唱したアメリカのコンテンツマーケティングインスティチュートによると、

「コンテンツマーケティングは、明確に定義された消費者を引き付けて維持するために、最終的に収益性の高い顧客行動を促進するため、価値のある関連性の一貫したコンテンツの作成と配信に焦点を当てた戦略的なマーケティングアプローチ」

と定義しています。

従来の広告とコンテンツマーケティングの違い

従来の広告 従来の広告
コンテンツマーケティング
コンテンツマーケティング

従来の広告は、アウトバウンドマーケティングと呼ばれ、TVCMやネット広告など企業が伝えたい情報を一方的に消費者に配信するスタイルでした。
一方コンテンツマーケティングは、消費者にとって価値がある情報を発信することにより、潜在顧客とのきっかけを作りブランドに共感し、企業のファンになってもらいます。最終的にサービスや製品の購入に繋げることができます。

近年の傾向として、消費者は広告など一方的に配信される情報には拒否感を懐く傾向にあります。
消費者に信頼される良質なコンテンツを配信し信頼関係を築くことができれば、企業・ブランドのファンとして長期的は関係を作ることが可能になります。

Googleが提唱するZMOT理論に基づいたコンテンツマーケティング

ZMOT(Zero Moment of Truth)とは、2011年にGoogleが提唱したWebマーケティング理論で、「消費者は店舗に来てから購入するものを決めるのではなく、来店前にインターネットで情報収集し購入するものを決めている」というものです。
つまり、サービスや製品の購入決定は、店舗などに来店するファーストアクションを起こす前であるZMOT(ゼロアクション)の時に起きているということです。

Googleが提唱するZMOT理論に基づいたコンテンツマーケティングGoogleが提唱するZMOT理論に基づいたコンテンツマーケティング

MEMO

消費者はZMOTの段階で以下の点を調べています。

  • サービスや製品のメリット
  • 他のサービス・製品と比べて優っているポイント
  • どの企業やブランドの製品がオススメか 。
  • 他のユーザーの評判・口コミ

MEMO

また、Googleが行った
アンケートによると
80%以上の人がZMOT段階で得た情報が
購入の決め手となったと回答しています。

ZMOTの段階で良質な情報を発信していれば、高い確立で購入される様になります。
ZMOT理論に対応する最適なマーケティング手法は、コンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティング 実施フロー

ブラボーウェブでは、ウェブブランディング構築の経験とノウハウを最大限発揮して、カスタマーセントリック(顧客中心主義)なマーケティング施策をご提案いたします。実際にどのように戦略をたて実施していくかをご説明します。「記事作成」、「動画制作」、「マンガコンテンツ制作」を単体で依頼することも可能ですが、より積極的に、コンテンツマーケティングを導入したいと思っている企業様向けに、マーケティング戦略も併せてご提案しています。
弊社で採用しているのは、「カスタマージャーニーマップ」でマーケティング戦略を管理する方法です。制作フローは以下の方に進めていきます。

FLOW01

ブランド戦略を考慮して企業が求める消費者との関係とペルソナ(仮想顧客)を設定

FLOW02

ペルソナを基にカスタマージャーニーマップを作成する

FLOW03

真実の瞬間
(moment of truth)
を設定する

FLOW04

KPIとアクションプランを
設定する

ブランドは構築しただけでは全く効果を発揮しません。ブランドを広く消費者に届けて初めて、大きな力を手に入れることができます。しかし多くの企業では、ブランディングとマーケティングを切り離して考えてしまうことがあります。ブランディングは、消費者との接点(タッチポイント)を最適に整える戦略なのですが、広告(リスティング広告や動画広告、SNSやオウンドメディア、LPなど)になるとブランド意識がなく、クオリティの低いデザインやコンテンツを採用しているケースがあります。それでは、ブランドを構築しても全く効果が期待できません。

ブラボーウェブでは、多くのブランディング実績があります。これまでの経験とノウハウを持ってコンテンツマーケティングを行っているサービスは他にありません。
弊社オリジナルの戦略フローで、最適なコンテンツマーケティングをご提案します。

CONTENTS
MARKETING
WORKS

コンテンツマーケティング事例

  • 阪急三番街

    阪急三番街は、阪急大阪梅田駅直結の商業施設です。外国人観光客をターゲットにして、より多くの方々に利用していただくために、インバウンド向けのコンテンツ企画・制作を行いました。
    施設や店舗の取材・撮影を行い、最終的には英語・簡体語・繁体語・韓国語の4ヶ国語に翻訳し公開しています。

    阪急三番街

  • 株式会社サクラ工研

    東京都世田谷区にある工務店向けのコンテンツ制作。
    「家づくり」を検討している方向けにコラムを制作しました。ペルソナを設定し、段階に応じてほしい情報を提供しています。おかげさまでお問い合わせ数が飛躍的にアップしました。

    株式会社サクラ工研

ホームページ制作・ECサイト制作に関する
お問い合わせはお気軽にどうぞ

無料お見積り・資料請求
電話アイコン03-6416-3903

受付時間:平日10:00〜18:00

今なら無料特典プレゼント中

今なら無料特典プレゼント中

これからホームページリニューアルをする方向けに
とても参考になる資料をプレゼントしています。

サービス

コンセプト

BravoWEBメールマガジン登録

ホームページ制作、ECサイト制作
Web集客に関する最新情報を配信

ENTRY

お問い合わせ

ホームページ制作、ECサイト制作、ブランディングに関するご質問や
無料御見積のご依頼はこちらからお願いします。

CONTACT
03-6416-3903

平日10:00〜18:00