資料請求・お問い合わせ

最新情報 & コラム

マンガを使った販促実用例を媒体別に紹介

ALLマーケティング

今ではマーケティング手法の一つと言っても過言ではないマンガ。様々な企業で利用されていて、なんとなくイメージは分かるけど、具体的にもう少し詳しく知りたいという方の為に、マンガの販促実用例をまとめました!

コンテンツとしての利用

株式会社CHINTAIは「Woman.CHINTAI」という女性の一人暮らしを応援するためのオウンドメディアを運営しています。
カテゴリの中には「comic-マンガ-」のカテゴリがあり、その中で「一人暮らしあるある」、連載漫画、豆知識などが様々なマンガ家さんに描かれています。

https://woman.chintai/article/comic/

また、「漫画で知る楽しい一人暮らし!」という特設ページもあり、SNSで人気のマンガ家さんやイラストレーターさんによって描かれた一人暮らしのメリットやストーリーを無料で読むこともできます。

https://woman.chintai/page/womens-manga/#campaign-wrap

書籍での利用

化粧品評論家かずのすけさんの書籍「マンガでわかるかずのすけ式美肌化学のルール」では美肌化学というちょっと難しく聞こえる内容をマンガで分かりやすく解説し、どこよりも優しく「美肌化学」を学ぶことが出来ます。

幅広い年齢層に親しまれやすいタッチと、特に女性なら共感できるストーリーで展開する内容なので、楽しみながら「美肌化学」を勉強できます。

https://comic.webnewtype.com/contents/bihadakagaku/

コンテンツの挿絵としての利用

先ほどご紹介した「コンテンツとしての利用」と類似していますが、記事の「挿絵」的な部分での活用例です。

例えば、社内報は会社として社員に伝えたい、知ってほしい内容が詰まったコンテンツです。特に今はコロナで在宅ワークの会社も増えより会社との距離も課題となっている会社が多くなっています。

社内報の形式は様々ですが、こういった記事の様に伝えたい事、難しい事をマンガにしてメリハリをつけることで、社内報を有効に活用することが出来ます。

https://www.encount.co.jp/blog/archives/303

チラシでの活用

インバウンド向けに計8か国語で「まんが王国とっとり満喫ガイド」を発行しています。

https://www.pref.tottori.lg.jp/mankitsu_guide/

鳥取県の東西それぞれの空港は「ゲゲゲの鬼太郎」「名探偵コナン」の名前を冠した空港になっており、その空港施設の紹介や、各地のマンガと関連する観光施設を紹介しています。
また、県内の6施設を1000円で全て回ることが出来る「まんが王国とっとり満喫周遊パス」を発行し、リーズナブルに県内の観光を楽しむことが出来ます。
有名な漫画家や海外で人気のあるマンガを起用することで国内外問わずプロモーションをすることができ集客を見込んでいます。

SNSでの利用

最近ではインスタでユーザー視点や現場支店などの「リアルな」視点でマンガを展開する企業が増えてきています。特にInstagramは現在では3人に1人が利用しており、女性ユーザーに多く利用されています。
株式会社ポジティブドリームパーソンズはそういった部分に注目し、特に利用率の高い20代~30代をターゲットとした「結婚式あるある」をマンガで連載しています。
フォロワーも6.6万人と多くコンテンツとしてとても人気があります。

まとめ

マンガはこのように様々な販促手法があります。タッチなどによってはターゲットを絞ることも、幅広い年齢層に広げることも可能で利用することが出来ます。こちらにご紹介した販促実用以外にも動画や広告など様々なシーンで活用することが可能です。

もしも、プロモーションでお悩みであれば、マンガも一つの選択肢として検討するべきかもしれません。